フランス旅行(5)

フランス旅行(5)

パリ3日目後半です。
夕方にホテルを出ていざモンマルトルへ。ここでちょっとしたアクシデントが。
地下鉄に乗ろうとしたら、牧田さんのパリヴィジットを機械が受けつけなくなって、仕方ないからバスに変更。38番線のバスに乗りとりあえず北駅まで行こうと思ってたら、なんとこのバス北駅でなくパリ市庁舎止まりで、そこで突然降ろされてちょっとあせりました。仕方ないから通りがかりのムッシュに道を聞いて、地下鉄シャトレ駅まで行ってここの駅員さんと交渉をしました。ボクが言ったフランス語です。「このキップ、こわれてる。」なぜかこれで通じました。マドマゼルの駅員さんは丁寧にも新しくパリヴィジットを発行してくれて、地下鉄4号線、2号線を乗り継いでなんとかモンマルトル下のアンヴェールまで辿りつけました。やっぱりフランス語勉強しといてよかったです。


パリの地下鉄の駅で。
今回はパリヴィジットという観光客用のプリペイドカードを使いました。ちょっと割高で元は取れなかったのですがそれでもバスにも地下鉄にも乗れて旅行者には重宝しました。あとで調べたら3日間で地下鉄とバスに全部で14回乗ってたからまあ使った甲斐があったと思います。地下鉄は安全で何のトラブルもなく快適に使えました。もうパリの地下鉄はバッチリですし、バスもメインの路線は乗りこなせます。今回乗ったバス路線は27,38,42番線でした。

 

モンマルトル サクレクール寺院


モンマルトル・サクレクール寺院。
やってきましたサクレクール寺院。地下鉄アンヴェールからかなりな坂道でした。土産物屋が立ち並ぶ石畳の道を歩いて疲れて足が重くなった頃にサクレクール寺院の白いお姿が見えて、まっ青な空を背景に神々しく威厳に満ちていました。去年はこの近くのホテルに泊まったのになぜか行かなかったので、初めてお目にかかれました。この辺りには階段にも芝生にも大勢の人たちがゆったりとたむろしていて、ほかにも大勢の黒人のもの売りたちもいて一種独特の雰囲気がありました。


サクレクール寺院の階段から望むパリ市内です。真っ青な空と白い街並み。小憎らしいほどパリは美しい街です。
時間はもう7時ごろなのにたくさんの人です。皆階段に座ってただボーッとしているだけですが、この何もしないでボーッとするのが日本人のボクにはどうも苦手なのです。

 

 

広場の一角では黒人兄ちゃんがサッカーボールを使ったリフティングのパフォーマンスをしていてなかなか、というよりかなりうまかった。もう一人いたがこちらはまあまあそこそこでした。ここでは観光客やら物売りの黒人の人たちやら雑多な人種が見られたのになぜか日本人の姿をあまり見かけなっかた。日本人を見かけたのはルイヴィトンでと最終日のノートルダム大聖堂でくらいで、このときはシルバーウイークでたくさん日本人が来てるはずなのにあまり見かけなかった気がする。

 

 

テルトル広場

 

 
 
サクレクール寺院そばのテルトル広場は、画家がたくさん集まって似顔絵書きを商売にしていると聞いていたがほんとにたくさんの画家たちがいました。ここは広場と言っても狭い場所の真ん中にカフェがあってその周りをぐるりとに画家たちが陣取っていました。ガイドブックによれば「高い料金をふっかける人もいるからご注意を」と書いてあったけど、似顔絵料はいくらなんだろう。でも画家の人たちも食っていかんといいかんだろうからな。なんて考えながら眺めていました。あたりまえだけど画家にもそれぞれの個性があって見ていて面白かったです。いらんお世話だけど中のカフェには人はほとんどいなかったです。
 この時で時刻夜8時ごろになっていましたが、モンマルトル界隈はまだまだ賑やかさが続きそうでした。ボクたちはこのあと地下鉄2号線、6号線を乗り継いでエッフェル塔へと向かいます。

 

エッフェル塔


地下鉄6号線ビルアケム駅で降りて、歩いてエッフェル塔へ行く。歩くと結構時間かかりました。10分くらいだったかな。
エッフェル塔、かっこいいねえ。やはり間近で見ると迫力あります。ちょうど夕暮れ時になって点灯されて、これから次第にライトアップが輝いていきました。

 

 

エッフェル塔の真下です。人と比べるとその大きさがわかると思います。それにしても100年程前にこれを設計したエッフェルさんは大したもんです。ただの電波塔としてでなく、ちゃんとデザインのことも考えてたのです。しかもその塔には当時まだ珍しかったエレベーターも取り付けて100年以上たった今も立派に動いています。当時の人たちはこんな鉄の塔なんてパリにそぐわないと評判よくなかったようです。それが今ではパリのシンボルになってしまいました。エッフェルさんはおそらく「どうだ、見たか。俺は100年先も考えて造ったんだぞ。」と一人悦に言ってるのでは。4つの脚のうち2つにはエレベーターがあって上まで行けるようになっていましたが、たくさんの行列ができていて乗るには1時間以上待たないとダメのようだったので、サンドイッチと飲み物を買って、近くの公園の芝生で休憩しながらダイヤモンドフラッシュを待ちました。

 

 
ダイヤモンドフラッシュ。
間近で見るとまたまたさらに美しい。パリの観光にかける意気込みが伝わってきます。これだけのことを毎日やるにはかなりのコストがかかるだろうけど、やっぱりこれ見たさに世界中から観光客が集まってくれると思います。日本もこれくらいの企業努力をせんと観光客はやって来てはくれません。余計なことだけど新婚旅行で二人だけで見たら一生の思い出になること間違いありません。やはりパリは花の都です。
このあと地下鉄でホテルまで帰る。途中サンジェルマンのビュッシ通りを通ったけど、道端のカフェは人でいっぱいでした。もう10時ごろです。なんかこれからさあ盛り上がろうかという雰囲気でした。パリっ子は宵っ張りです。
パリ3日目も無事終わりました。残すところあと1日になりました。


 

ページのトップに戻る

診療時間のご案内 午前9:00~12:30 午後14:30~18:00 休診日 日曜・祝日・水曜日午後

0859-29-1187

〒683-0852 鳥取県米子市河崎605-1

お車でお越しの方へ
境港方面から米子方面へ317号線を向かう途中の右手にあります。中海テレビ放送の手前です。

  • 日帰り手術
  • 禁煙治療
  • レーザー治療~アレルギー性鼻炎~

院長ブログ

2010年10月
« 8月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

医療法人・社会福祉法人・ 真誠会 ホスピタウンネットワーク